« 2007年10月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年11月の記事

2007.11.23

Re。

この現場も中盤にさしかかり、内部空間もカタチや形状をあらわしてきました。

この大きな樹木は永年この敷地で育んできた大木です。

このたび、すこし「さんぱつ」して、新たに、行き交う人のアイポイントとして、和ましてくれる役目を担い、

又、光合成を成しこの樹木はまだまだ成長してゆく。

その、後ろの山は、この現場で出没したコンクリートガラで、「art」が生まれます。

まだまだどれも、生きています。

既設建築物の竣工日を調べると、この樹木は、

自身より少し年下か、ここに来る前に山の中で育った分、同じ年代とか、or、自身より上か?

まあ、どちらでも良い、再生した。とてもいい樹木に出会えた。

あたらしく、生まれ変わろうとする前であり、又、元々、自身と出会った時そのままの姿です。

後ろにこの地のローカル鳥が心地よく飛んでいる姿がみえる。 / 大原宇貢。
17

2007.11.03

この前の台風が去った後、久しぶりに神戸の友人達と徳島へ行ってきました。このポイントはよくサーフィン誌等で載っているポイントですが、地名や地図等は、いつも載っておらず、「徳島シークレット」で記載されていて、普通のビジターには知られていない、この地のローカルがこよなく愛しているポイントです。自身も若かりし頃、ライフスタイルも格好いい神戸の大先輩に連れられて来たのが初めてで、その後、事あることに通っていた大切な場所です。
たくさんの思い出も有り、また、たくさんの大自然のエネルギーを感じさせていただきました。

いつ訪れても、

変わること無い、

このクラッシックな空気感を、

この先も敬意をもって、味わってゆきたい。

I.OharaPhoto

« 2007年10月 | トップページ | 2008年1月 »