« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の記事

2008.08.27

[美と調和、それ佇む。]

先日、

大光電機の岡野さんと写真家松岡さんの、

焼津和食店「かぜんぐ。」の撮影会がありました。


深夜から朝方まで、本当におつかれさまでした。


新しくつくり上げられた中、

以前からの面影でもあるこの「焼津の樹木」が、

現代建築の、新しく


「モノ」


をつくり上げる職務の重要な役割と、

社会的・環境的調和性を、この写真から、


自身の心の中に伝え、


表現しているように感じ、


再び、認識させてくれました。


ありがとうございます。大原宇貢


店名:「風(かぜんぐ。)」
所在地:焼津市焼津1-6-3(東海道本線JR焼津駅より徒歩5分)
開店:夕方四時〜十二時迄
電話・予約:054-270-6294(火休)


撮影/松岡宏和


Mon
Kazeng
Nakaniwa
Ent_hall
Hatago2
Open_kicthen
Tsukimivip
Enkainoma
Hatago1

2008.08.09

ひと息

先日、一息つきに、京都の桂離宮に、行ってきました。

案内をしている宮内庁の方に、

「一番景観の良いところはどこですか?」と、

能登谷君が訪ねていました。


その方は


「今、居るところも、あっちも、全て良い景観です」と。


1600年代につくり上げられたモノは、

現代建築のファサードといった「オモテとウラ」といった、

偽りやその見栄隠れ部等は無く、

ひとつ・一つが、

風格を漂わせ、永年もの間、その地域に佇んでいました。


自身は、セミの鳴き声の中、


現代からおよそ400年前につくり上げられたそのものに、

時間を忘れ、魅了される。宇貢Photo

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »