« 空間と光の調和 | トップページ | 身体で感じること。 »

2009.02.06

建築基準法

ようやく「かいだん」が姿を現しました。


新築三階建木造建築の計画での2階の階段部分です。

現行法では、踏み板が木製だけの場合は厚みが60mm〜必要となり、

それを施すと、蹴上間の隙間が10cm位になります。


光や通気具合、やさしく蹴上寸法を低めにした事を考慮し、

不燃材(スチール)を底に施す事によりそれらを緩和し、

光の通り具合、風の通り具合、プリポーションをバランス良く構成しています。


まだまだ下地過程ですが、

時間の掛かる下地を

大工さん、

本当に大変おつかれさまです。090206

« 空間と光の調和 | トップページ | 身体で感じること。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 建築基準法:

« 空間と光の調和 | トップページ | 身体で感じること。 »